« ウミスズメ | トップページ | アメリカコハクチョウとオオハクチョウ »

2011年12月12日 (月)

クロツラヘラサギ 再び

12/10 伊佐沼

前回は3時過ぎで曇りがちだった。

その為、あまり綺麗で無かった。

世界で1500羽とも2000羽とも言われている珍鳥が近い所に居るのだ。

晴れた昼間に行って綺麗に撮りたいと思った。

.

10時過ぎに着いた。

カメラマンは70~80人くらいで、みんな暇そうにしている。

クロツラは100m離れた所に一本足で寝ていた。

みんなは近い所で待っている。

私は起きたら近くに行けば良いと思い、少し遠いベンチの有る所で待つ事にした。

千葉から来たカメラマンは朝まだ暗い5時半に来たと言う。

少し飛んだだけでずーっと寝ていると言った。

.

12時10分。クロツラが起きた。

水浴びをし、顔を洗いアクビをする。

水浴び中

111210kuro02

ユリカモメが飛び込んで来た

111210kuro07

アクビをしている

111210kuro09

羽繕いを念入りにして30分が過ぎた。

出掛けるのに時間が掛かる。

こいつ、女に違いない! とか思いながら待っていると動かなくなった。

また寝てしまった。

千葉のカメラマン、証拠写真だけ撮って1時過ぎに帰って行った。

.

1時50分。動き出した。

と思ったら飛び出し、真っ直ぐこっちへ向かって飛んで来て30mくらいの所に降りた。

111210kuro10

111210kuro15

私が一番近い。5m離れた所にもう1人いるが。

撮っているとドタドタと走ってくる音が聞こえた。

すぐに周りはカメラマンだらけになった。

クロツラの歩いて行く方向と太陽の位置を考え、今の内にと一番良い場所へ移動する。

クロツラは私に向かって飛び、そして歩いて来た。20mちょっと。

111210kuro18

111210kuro21

111210kuro23 

111210kuro24_2

嘴の裏まで見えた

111210kuro28

エサを捕ったが何だろう?

111210kuro30

111210kuro31

111210kuro33

見返り

111210kuro37

水面に映る姿が面白い

111210kuro40

約一時間でクロツラは寝ていた場所へ帰って行った。

千葉のカメラマン、あと40分我慢をしていれば良かったのに・・

まあ、7時間半も待っていたから仕方無いか。

私は満足。

2時過ぎに帰った。

.

|

« ウミスズメ | トップページ | アメリカコハクチョウとオオハクチョウ »

クロツラヘラサギ」カテゴリの記事

コメント

わ〜
近い近い!やっぱりメビさんは
鳥に好かれるんですね〜^^
千葉のカメラマンさん、残念でした。

投稿: コリ | 2011年12月13日 (火) 07時16分

コリさん
真っ直ぐ私の方に来てくれたのは嬉しかったです。 (^^)
待ちくたびれましたけどね。

千葉のカメラマン、朝早くから長い時間待ったのにね。
後から来た人が大声で、クロツラは朝早い方が良いのが撮れるって言っていました。
苦笑いです。 (^◇^;)

投稿: メビ | 2011年12月13日 (火) 17時19分

こんにちは。

羽を大きく広げた写真とか、ドアップ写真とか
どれも素晴らしい。近くに寄ってきたようで
よかったですね。
私はいつも遠くの写真ばかりです。

投稿: ヤマガラ | 2011年12月14日 (水) 21時32分

再挑戦にいかれた成果がありましたね!!
翼の風切り1本1本綺麗ですね^^
みなさん、よくがんばるな〜〜と関心するばかりです。
冬鳥の飛来が遅いしね。。。

○○橋のほうから、夕方西日をうけての飛翔をみました。
色がモノクロの鳥ですから、オレンジが映えるときれいでした。

投稿: モナカ | 2011年12月14日 (水) 21時35分

ヤマガラさん、こんにちは。
ラッキーでした。
待った甲斐が有りました。
30m位に来てくれたらと思っていましたから。
ヤマガラさんの所を見てきましたが、少し遠かった様ですね。
まだチャンスは有ります。 (^^)


投稿: メビ | 2011年12月15日 (木) 12時03分

モナカさん、こんにちは。
行って良かったです。
ズームを短くして撮ったりしました。
今回は夕方までいませんでしたが、夕日の飛翔も撮りたくなりました。 (^^)

投稿: メビ | 2011年12月15日 (木) 12時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クロツラヘラサギ 再び:

« ウミスズメ | トップページ | アメリカコハクチョウとオオハクチョウ »