ツツドリ

2012年11月13日 (火)

カッコウ(ツツドリ)幼鳥

11/12 M公園

朝の内は雨だったので昼過ぎに行った。

晴れる予報だったが曇り時々晴れって感じだった。

カメラマンは多い時でも10人ちょっと。

カッコウツツドリ幼鳥は良く出てくれた。(以下ツツドリに変更 11/19)

近い時で7mくらい。

それ以上近寄る気は無いが。

121112kakko05

121112kakko09

121112kakko18

121112kakko19

121112kakko20

121112kakko21

121112kakko25

121112kakko28

121112kakko30

121112kakko37

121112kakko40

121112kakko43

なお、カッコウでは無くツツドリだとの意見も有るそうだ。

一応、頭の後の白い班喉の横班からカッコウとしておく。

.

11/19 追記

カッコウではなくツツドリの様です。

★「水元かわせみの里水辺のふれあいルーム」のブログ (12.11.18)

「 鳥類の研究所の方が調べてくださったそうです。

わき腹にある横線が、
9~11本に見えるのがツツドリ、
11~13本に見えるのがカッコウだそうです。
うーん、11本だった場合、どうすればいいのだ。

後はその線の太さだとか、
鳥自体の大きさなどが見分けるポイントだそうです。
※ちなみにカッコウの全長は35cm、
ツツドリは33cm!うーん、難しい。」
以上

.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月 9日 (金)

キクイタダキ A公園

11/7 A公園

着いたのが昼近くだった。

大勢のカメラマンが二つに分かれていた。

一つはキクイタダキを撮っている。

もう一つはウソを撮っていた。

それぞれ5羽以上は居る様だ。

私はキクイタダキを重点に撮る事にした。

しかし逆光気味でピン甘ばかり。

しかも暗くてSSが上がらない。

121107kiku06

121107kiku10

121107kiku12

121107kiku15

121107kiku17

121107kiku20_2

121107kiku24

121107kiku27

121107kiku28

121107kiku30

ブラブラしていると道路に出ているツツドリに会った。

まだ居るんだ。

121107tutu1

キクイタダキを撮るならもっと早く来て順光で撮らないと・・

明日はそうしよう。

.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月22日 (月)

ツツドリなど

10/13 A公園

マヒワが来ていると聞いて行って来た。

マヒワは水を飲みに来る所が決まっている。

少し待つと群れが来た。

121013mahiwa01

121013mahiwa02

121013mahiwa07

森の中を歩いた。

少し大きな鳥が居るのを見つけた。

しばらくしてツツドリだと判った。

10mも無い。

一人で撮りだしたが、すぐに他のカメラマンも来た。

121013tutu02

121013tutu03

毛虫を捕まえた

121013tutu04

121013tutu07

121013tutu16

池の水は少ない。

カワセミも人になんて構って居られないようだ。

近くに来る。

121013kawa03

幼鳥が来ると「汚いなー」と一斉に声を上げる。 (笑)

121013kawa08

その池の側ではエゾビタキが何度も現れた。

2~3羽居たのかな?

121013ezo02

121013ezo13

エナガが群れで移動していた

121013enaga1

キビタキ♀もシジュウカラの群れにいた

121013kibi1

この森では珍しいヒガラも居たようだが見つからなかった。

久しぶりにたくさんの鳥達を撮った。

.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月14日 (日)

ホオの実に集まった鳥

10/08 東京

オオルリの他にもホオの実を食べに来た鳥達。

ヤマガラ

121008yama01

121008yama08

121008yama10

コゲラ

121008kogera3

そして、人の居ない所でコッソリ食べて居た・・

ツツドリ

121008tutu09

口に赤い実

121008tutu11

121008tutu14

121008tutu17

121008tutu18

121008tutu19

私の後から撮り出した若い夫婦が「赤色ツツドリ」と言った。

たしかに普通の色では無いのでそうかも。

その他、私が公園に到着した時、みんなはホオの実に来たアオゲラを撮っていた。

残念ながら私は間に合わなかった。

シジュウカラも来ていたが食べた?

良く判らない。

楽しい鳥撮りだった。

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 8日 (月)

秋ヶ瀬の野鳥

11/6 秋ヶ瀬

子供の森でツグミ。この秋の初見。ただ暗かった。

101106tugu3

Pの森へ移る。

ここでも冬鳥を見掛ける。

ヒヨに追われてすぐに居なくなったアリスイ。

証拠写真

101106arisui3

アカハラ

101106aka2

冬鳥ではないが色々と出てくれた。

アオゲラ

101106ao1

エナガ

101106enaga2

ホオジロ

101106hoji1

カワラヒワ

101106kawa5

モズ

101106mozu3

ツツドリ幼鳥はまだいる

101106tutu2

マヒワは見なかった。

トラ、ルリビも入ったそうだが確認できず。

アオジとウグイスは姿を見ただけ。

日曜は出が悪かったと聞いた。

まだ不安定かな? (^^)

.

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年11月 6日 (土)

マヒワ&ツツドリ

11/3 秋ヶ瀬  2の2

この日の主役は、マヒワ

数十羽の群れが来ていた。

私が行ったとき、マヒワが帰る寸前だった。

この時はあまり撮れなかった。

2時間後、10羽くらいが飛んで来た。

101103mahiwa06

101103mahiwa07

101103mahiwa12

101103mahiwa14

101103mahiwa18

マヒワが去るとカメラマンも大勢が帰った。

私も帰ろうかと思って歩いていた。

5~6人のカメラマンがいたのでカメラの先を見るとツツドリがいた。

私も撮る。

101103kakko01

101103kakko04

101103kakko05

101103kakko06

101103kakko07

顔を見ると幼鳥だと判る。

周りでツツドリと言っているが、腹の横縞が細く見えるのでカッコウかも知れない。

今日は、昨年撮れなかったマヒワも撮れたし、お嬢さん(ジョウビタキ♀)にも会えたし、まずまずの日だった。 (^^)ニコ

.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年9月14日 (火)

赤色ツツドリ

9/12 I 公園

赤色は見たことが無かった。

マイミクの2人が撮っていたので私も行ってみた。

公園に着くとすぐにカメラマンが見つかった。

聞くとツツドリがいると言う。

ラッキー、こんなに簡単に見つかるとは! (^^)

100912tutu02

100912tutu10

100912tutu16

100912tutu19

マジックみたいに何時の間にか毛虫が口にぶら下がっている。

歩いてくる毛虫を捕ったり、2・3歩横に歩いて捕っている。

楽なもんだ。

100912tutu20

100912tutu22

100912tutu25

100912tutu27

あまり動かないので同じ写真しか撮れない。

赤色が撮れて満足。 (^^)

昼過ぎに帰った。

.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)

ボッボッボッボッとツツドリ

5/15 秋ヶ瀬

この日もサンコウチョウが来ていないかと秋ヶ瀬に行った。

いたのはキビタキ一羽。

良い声で鳴いていた。

10人以上が集まった。

私も少しだけ撮って他へ行った。

ボッ、ボッ、ボッ、ボッ、の鳴き声。

キジバトよりテンポは速い。

何だろうと声のする方へ急いだ、

途中、パンの袋を銜えたカラスに会った。

側にはリュックと自転車が有る。

ここのカラスはリュックのジッパーを開けて中身を取り出す。

後で持ち主に聞いたら、やっぱりジッパーは閉めていたそうだ。

鳴き声は止んだが近くまで行った。

すると上空をカッコウに似た鳥が小さな鳥に追いかけられて飛んでいった。

さっきの鳴き声はツツドリかー

しばらくして他のカメラマンが見つけた。

同じ場所に何度も来るようだ。

100515tutu2

100515tutu10

100515tutu11

100515tutu12

黄色のアイリングが有った

100515tutu7

2時間以上撮っていた。

他へ行ったときガビチョウが出て来た。

100515gabi1

少しだけ田圃へ行ってオオヨシキリとホオジロを撮って帰って来た。

カラスだが、ツツドリを撮っていたカメラマンの一人もおにぎりを取られたと言っていた。

ジッパーだけでなく、しっかりヒモで結んでいた方が良い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

すずめ アイガモ アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオジ アオバズク アオバト アカアシシギ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカガシラサギ アカゲラ アカショウビン アカツクシガモ アカハラ アカヒゲ アカモズ アジサシ アトリ アビ アマサギ アメリカコガモ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イカル イカルチドリ イソシギ イソヒヨドリ イタチ イワツバメ イワミセキレイ ウグイス ウソ ウトウ ウミアイサ ウミガラス ウミスズメ ウミネコ エゾビタキ エゾムシクイ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オオアカゲラ オオアカハラ オオカワラヒワ オオコウモリ オオジシギ オオジュリン オオセッカ オオソリアシシギ オオタカ オオチドリ オオハクチョウ オオバン オオヒシクイ オオマシコ オオミズナギドリ オオメダイチドリ オオヨシキリ オオヨシゴイ オオルリ オオワシ オガワコマドリ オグロシギ オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オナガ オナガガモ オバシギ カイツブリ カケス カシラダカ カッコウ カナダヅル カモメ カヤクグリ カラシラサギ カラス カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリカイツブリ ガビチョウ キアシシギ キガシラシトド キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キヅタアメリカムシクイ キバシリ キビタキ キマユホオジロ キョウジョシギ キョクアジサシ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ ギンムクドリ クロガモ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロハラアジサシ ケイマフリ コアオアシシギ コアジサシ コイカル コウライアイサ コオバシギ コガモ コガラ コクガン コクチョウ コクマルガラス コゲラ コサギ コサメビタキ コジュケイ コジュリン コスズガモ コチドリ コチョウゲンボウ コハクチョウ コブハクチョウ コホオアカ コマドリ コマミジロタヒバリ コミミズク コムクドリ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サバクヒタキ サメビタキ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シジュウカラガン シナガチョウ シベリアアオジ シベリアオオハシシギ シマアオジ シマアジ シマキンパラ シメ ショウドウツバメ シラコバト シロエリオオハム シロガシラ シロチドリ シロハラ ジョウビタキ スグロカモメ スズガモ セアカモズ セイタカシギ セグロカモメ セグロセキレイ セジロタヒバリ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソデグロヅル ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タヒバリ タマシギ ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チゴモズ チュウサギ チュウシャクシギ チュウヒ チョウゲンボウ チョウセンチョウゲンボウ ツクシガモ ツグミ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツメナガセキレイ ツルシギ トウネン トビ トモエガモ トラツグミ トラフズク ニシオジロビタキ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハイイロヒレアシシギ ハイタカ ハギマシコ ハクセキレイ ハシジロアビ ハシビロガモ ハシブトガラス ハジロカイツブリ ハジロコチドリ ハチジョウツグミ ハヤブサ バン ヒガラ ヒクイナ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメコウテンシ ヒヨドリ ヒレンジャク ビンズイ フクロウ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホオジロハクセキレイ ホシガラス ホシゴイ(ゴイサギ幼鳥) ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス マガモ マガン マヒワ マミチャジナイ マルガモ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミヤコドリ ミヤマガラス ミヤマシトド ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムナグロ メジロ メダイチドリ メボソムシクイ モズ モモイロペリカン ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマシギ ヤマセミ ヤマドリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨシゴイ ヨタカ ヨーロッパトウネン リュウキュウコノハズク リュウキュウズアカアオバト リュウキュウツバメ リュウキュウヨシゴイ ルリビタキ ワカケホンセイインコ